女性

様々なあざ

整形

あざとは、一般的には生まれつきの色素斑の一部を指します。中には生まれてからしばらくしてから出てくるあざもあります。先天性のあざと、成長するに連れて現れる後天性のあざに大きく分けられ、色調で黒あざ、茶あざ、青あざと分けられます。黒あざは医学的に色素性母斑と呼ばれており、小さいものをホクロと呼びます。大きくなるに連れて悪性化する可能性も多少なりとも出てくるため切除を考える方もいます。茶あざは薄い茶色のあざをしていて、ホクロのように盛り上がりは見られず平坦なものです。いくつかあるあざの中で発生頻度がもっとも多いとされており、シミと勘違いされることもあります。青あざには目の周りに現れるものがあります。これは思春期頃の女性に発生することが多く、以前は皮膚を削る植皮手術が治療に主流になっていました。今では医療用レーザーによる保存的な治療が可能です。
顔や体にあざがある方の中には、あざをコンプレックスに感じている方が多く見られます。とくに女性で顔にあざがある方はメイクなどで隠そうとしていることでしょう。あざを消すのなら、専門のクリニックで治療を受けられます。治療を受ければあざは綺麗になくなり、コンプレックスも解消され自分にも自信が持てるようになります。クリニックによってはあざの治療だけでなく、傷跡や刺青、タトゥーのレーザー治療を行っている院もあり、くのクリニックが紹介されているのでチェックしてみましょう。

Copyright©2015 刺青やタトゥーを除去するなら【優秀なクリニックで悩みグッバイ!】 All Rights Reserved.